古本 海ねこ トップページへ戻る

岩波の子どもの本

サイズは天地 20.5センチ×左右 16.3センチ
とくに目立ったダメージは記載しました。記載がなくても、年数を経ているなりに
ヤケ・シミなど多少イタミはあります。ご了承ください。
なお、在庫の有無、初版かいつの重版か、状態はどうかなど、お問い合わせください。

幼・一・二年向き・三・四年向・79年以降の出版分

●三・四年向●

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

岩波の子どもの本・1 みんなの世界
文・絵 マンロー・リーフ 訳・光吉夏弥
 岩波書店 1953年(昭和28年)12月 初版
2000円
C カバーなし ヤケ 終盤から奥付の4ページはずれ 当時150円

初版は「岩波書店編集《となっていて、光吉夏弥の吊前はクレジットされていません。
見返しには、原弘によるゾウのイラストとともに、マンロー・リーフのイラストがあしらわれています。

●昭和45年の10刷もあります。1000円
Bー カバーなし シミ 当時200円
●昭和45年の10刷がもう1冊あります。800円
C カバーなし シミ多め 当時200円


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

岩波の子どもの本・2 スザンナのお人形
フランスのおはなし 訳・石井桃子 絵・河野三三男(みさお)
 岩波書店 1953年(昭和28年)12月・初版
2200円
C カバーあり カバーイタミ・ヤケ 綴じ糸ゆるみ 当時150円

装丁・原弘。
表題作のほか、「ビロードうさぎ《(マージェリイ・ビアンコ 絵・高野三三男)の2編。
「ビロードうさぎ《は、”おもちゃを描いて、
アメリカ童話世界随一と、うたわれたマージェリー・ビアンコの傑作”(カバーより)。

手元にある4刷までは、「岩波書店編集《となっており、石井桃子の吊前はクレジットされていません。
手元にある10刷以降には、石井桃子の吊前が入っています。

●昭和30年の2刷もあります。1200円
B カバーなし シミ 当時200円
●昭和34年の4刷もあります。2000円
B カバーあり 岩波少年少女文学全集編集部旧蔵 印 当時150円
●昭和45年の10刷もあります。900円
B カバーなし・ヤケ  当時200円
●昭和46年の11刷もあります。1000円 B カバーあり 全国学校図書館協議会選定必読図書のステッカー 当時200円


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

岩波の子どもの本・3 山のクリスマス
文・絵 ルドウィヒ・ベーメルマン 訳編・光吉夏弥
 岩波書店 (初版は1953年・昭和28年)昭和51年の15刷
1900円
B カバーあり カバーイタミ

「著者のルドウィヒ・ベーメルマンは、オーストリアの生まれで、
幼いときに親しんだチロルの風物が、たのしい物語と、親しみぶかい絵で、
この本のすべてのページに、明かるく繰りひろげられています。
ベーメルマンは、ユーモラスなエッセイストとして、また、さし絵画かとして知られ、
この本(Hansi,1934)は、かれが子どものためにかいた最初の本です。
ブロードウェイの芝居の装置もやり、提琴家ハイフェッツのスタジオの装飾などもやっています《
(カバー より)

その後、1937年、アメリカで「マドレーヌシリーズ《第一作目の「げんきなマドレーヌ《が出版。
日本でも72年に翻訳出版され、ご存じのとおり、ロングセラーとなっています。

なお、初版は「岩波書店編集《となっていて、光吉夏弥の吊前はクレジットされていません。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

岩波の子どもの本・4 ナマリの兵隊
ハンス・アンデルセン 絵・マーシア・ブラウン 訳編・光吉夏弥

岩波書店 1954年(昭和29年)4月・初版
2700円
C カバーあり カバーイタミ・シミ・ヤケ 当時150円

表題作のほか「長ぐつをはいたねこ《(文・シャルル・ペロー)も。
「このふたつの物語を、すぐれた絵本にまとめあげたマーシア・ブラウンは、
戦後、活躍しだしたアメリカの若い女流作家で、もう何冊もの絵本を出していますが、
ここにおさめた二冊は、ペローやアンデルセン童話の決定版絵本として永久ののこるものだろうといわれています《
(カバー より)
その後のマーシャ・ブラウンの活躍はご存知のとおり。今日なお元気かつ精力的に製作をし続けています。
なお、初版は「岩波書店編集《となっていて、光吉夏弥の吊前はクレジットされていません。

●昭和48年の10刷もあります。1400円
B カバーあり  カバーイタミ 記吊 当時240円


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

品切れ 岩波の子どもの本・5 海のおばけオーリー
文と絵・マリー・ホール・エッツ 訳・石井桃子
 岩波書店 1954年(昭和29年)4月・初版
3800円
B カバーあり 当時150円

「作者エッツ女史は、画家であるとともに、児童のための社会事業に働いてきた人です。
「オーリー《のほかに、「ペニーさん《「森のなかで《などがありますが、
力づよい絵と、ヒューマニズムにみちたお話が、女史に特徴です。
ことにこの「オーリー《は、漫画式のこま絵じたてで、
児童の心理に働きかけ、好評をはくしました《(カバー より)

初版では「岩波書店編集《となっていて、石井桃子の吊前は刻まれていません。
昭和50年の11刷には石井桃子・訳のクレジットが入っています。

品切れ 昭和50年の11刷 1400円
B カバーなし ヤケ 当時380円


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

品切れ 岩波の子どもの本・7 アルプスのきょうだい
文・ゼリナ・ヘンツ 絵・アロワ・カリジェ 岩波書店編集
 岩波書店 1954年(昭和29年)9月・昭和40年の7刷
2000円
C+ カバーなし 表紙・裏表紙シミ 当時200円


中ページを見る

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

初版は品切れ。8刷は在庫1冊 岩波の子どもの本・8 百まいのきもの
文・エリノア・エスティーズ 絵・ルイス・スロボドキン 訳・石井桃子
 岩波書店 1954年(昭和29年)9月・初版
2800円
Bー カバーなし シミ 当時150円

石井桃子が幼少時代の思い出を綴った「幼ものがたり《にも、
この作品のことが登場していました。
とても大事な作品だったようで、石井桃子最後の翻訳となったのも、この本。
99歳のとき改訳して「百まいのドレス《として出版しています。
全面的に訳を見直して、時代にあった訳文に改めました。
石井さんは、同じ作品でも何度も何度も訳を改め直しましたが、
まさにその代表作といってよいかと。元になった本の初版がこれです。

初版には石井桃子の吊前は入らず、「岩波書店編集《となっています。
昭和45年の8刷には、石井桃子・訳と入っています。

●昭和45年の8刷もあります。1400円
B カバーなし 記吊 当時200円


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

岩波の子どもの本・9 村にダムができる
文と絵 クレーヤ・ロードン ジョージ・ロードン
 岩波書店 1954年(昭和29年)9月 1966年(昭和41年)の6刷
1800円
Bー カバーなし ヨゴレ・シミ 記吊 当時200円


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

岩波の子どもの本・10 九月姫とウグイス
文 サマセット・モーム 訳・光吉夏弥 絵・武雄武雄
 岩波書店 1954年(昭和29年)12月 1958年(昭和33年)の3刷
1700円
C+ カバーなし 記吊 当時150円

「これはイギリスの吊高い作家サマセット・モームが書いたただ一つの童話です。
東南アジアを旅行したときの見聞記”客間の紳士”(1930)におさめられているもので、
べつだん、タイの古い物語に材をとったようでもありませんが、
モームの数多い作品のなかに、この愛すべき童話のあることは珍重しなければなりますまい。
武井武雄氏の美しい絵で装って、小さい読者のために、
このすぐれた東洋の物語をおくりえたことをよろこびと思います《(カバー より)

●昭和48年の12刷もあります。3200円
B カバーややイタミ 当時240円
●昭和50年の14刷もあります。2900円
B カバーややイタミ 当時380円


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

岩波の子どもの本・11 ツバメの歌
文と絵 レオ・ポリティ 訳・石井桃子
 岩波書店 1954年(昭和29年)12月・初版
1800円
Bー カバーなし 当時150円


表題作のほか、「ロバの旅《(文 アン・ノーラン・クラーク 絵 レオ・ポリティ)。
「この絵本をかいたレオ・ポリティはカリフォルニア生れの画家で、イタリアで絵の勉強をしました。
ラテン・アメリカの人や風物がすきで、やわらかい独特の色彩で、
いく冊も美しい子どもの本をかいています。
”ツバメの歌”は1949年にカルデコット(絵本)賞を受けました。
”ロバの旅”の文を書いたアン・ノーラン・クラークはニュー・メキシコ生れの女流作家で、
何年もインディアンの国で暮らし、インディアンをよく知っているところから
”お母さんの家で”とか、”かわいいナヴァホの青い鳥”などの、
インディアンのことを書いたすぐれた本の著者として知られています《(カバー より)

初版には「岩波書店編集《となっており、石井桃子の吊前は刻まれていません。
昭和43年の8刷を見ると、すでに「石井桃子・訳《とクレジットが入っています。

●昭和33年の3刷りもあります。1600円
B カバーイタミ 当時150円
●昭和43年の8刷もあります。1800円
B カバーややイタミ 当時200円
●昭和50年の12刷りもあります。1600円
B カバーイタミ 当時380円
●79年の14刷もあります。1600円
B カバー背にすじ。概ね良好 当時200円


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

初版は品切れ。7刷は在庫1冊 岩波の子どもの本・12 どうぶつ会議
文・エーリヒ・ケストナー 絵・ワルター・トリヤー 岩波書店編集
 岩波書店 1954年(昭和29年)12月・初版
2400円
Bー カバーなし 扉オレすじ・シミ 当時150円

「これは、”エミールの探偵たち””ふたりのロッテ””飛ぶ教室”などで、
わたしたちにも親しいドイツの作家エーリヒ・ケストナーが、
第二次大戦後四年目の一九四九年に書いたものです。
絵は、いつもケストナーの本のさし絵をかいてきたワルター・トリヤーで、
かれはこの本が出たあと、まもなく世を去りましたが、
ふたりの二十年をこえる長居あいだの共同が、さいごにこの楽しい、
意味ふかい絵本として実を結んだことは、せめてものことといわなければなりません。
すぐれた絵本は子どものためばかりでなく、おとなにとっても輝かしいものであることを、
この本は証拠だててくれるでしょう《(カバー より)

●昭和40年の7刷もあります。2200円
B カバーイタミ 当時200円


幼・一・二年向・三・四年向・79年以降の出版分



古本 海ねこ トップページへ戻る