■学研ワールドえほん■

長年の人気を誇るロングセラー「学研ワールドえほん」シリーズ。
「ワールドえほん」のずば抜けている点は、年齢やキャリアにとらわれず、独自のセンスで、優れた絵本画家の作品を積極的に起用している点。当時、これだけの絵本作家たちを発掘してシリーズ化していたのは誰なのか。応援したくなるシリーズです。とくに味わい深いラインナップが揃ったこの時期のものは、見逃せません。いずれの本も、訳文が一流なのもうれしい。

学研から発行されていた「フローラル絵本」シリーズは、ふたつのお話が1冊にまとまってマニアにも人気ですが、これら「学研ワールドえほん」は、「フローラル絵本」の前身ともいうべきもの?
75年・76年当時の「ワールドえほん」、見返しは本によって色が異なるストライプ、そして、ビニールカバーつき。とても可愛らしい。
80年ー84年の「ワールドえほん」の多くは、見返しにその絵本ならではのパターンをデザイン化してあり、チャーミングな造本。
年数をかいくぐった絵雑誌ですが、その割には状態良好といえます。

97号 80年4月号から



品切れ みどりのどりちゃん 作・絵 マルタ・コチ 文・中村千栄子
学研ワールドえほん 13号 73年(昭和48年)4月
2700円 Bー ヤケ 少ヨゴレ

緑の頭、緑の羽根をつけた「みどりのどりちゃん」。
大きな木に水をやる係でしたが、遊び相手が欲しくなって遊びに出かけます。
みんなと遊んでいる間に、世話をしてもらえず木は・・・。
1947年、チェコ生まれの女流画家マルタ・コチが描く、優しさにあふれるお話。

ソフトカバー 28ページ サイズ 天地 20.8センチ×左右 25.8センチ



品切れ なしのき 作・絵 イワン・ガンチェフ 文・稗田宰子
学研ワールドえほん 15号 73年(昭和48年)6月
2700円 Bー ヤケ 表紙に少インクあと 薄く名前スタンプ

もりになしのきがはえていた。
なしがなしでも せいようなしのき。
100さいよりも としをとっていた。・・・・・

生命のつながり、そして、独創的な美しい絵柄・・・。
イワン・ガンチェフは1925年、ブルガリア生まれ。その後、西ドイツで活躍。
学研ワールドえほん第10号「ねずみのぼうけん」ほか、このシリーズではおなじみの人。

ソフトカバー 28ページ サイズ 天地 20.8センチ×左右 25.8センチ



品切れ ふたつのたいよう 作・絵 井野史子
学研ワールドえほん 16号 73年(昭和48年)7月
2700円 Bー ヤケ 表紙・裏表紙、少ヨゴレ 裏表紙の上部スレ

それはそれは むかしのこと、
てんに、たいようがふたつありました。・・・

判型を生かして、終盤、タテにタテに見開きいっぱいに伸びていく
印象の絵柄が大変みごとです。

ソフトカバー 28ページ サイズ 天地 20.8センチ×左右 25.8センチ



再々入荷分、品切れ とうきょうからローマへ 作・絵 ステパン・ザブレル
学研ワールドえほん 18号 73年(昭和48年)9月
2800円 B 表紙・裏表紙の角小オレ 少シワ 記名

どこかの学校のお話。なんでも本当に見てみたい、本当にしてみたい生徒ばかりでした。
ある日先生が、ジェット機の話をしたところ・・・。
表紙と裏表紙を広げると、つながった一枚の絵になります。裏表紙には東京タワーなどが・・・。

学研ワールドえほん「ふしぎなさかな」学研おはなしえほん「きんのさかな」など、
素晴らしい絵本でおなじみ、イタリアのステパン・ザブレル。

ソフトカバー 28ページ サイズ 天地 20.8センチ×左右 25.8センチ



品切れ きつねとひつじかい 作・絵 ボリスラフ・ストエフ 文・大石真
学研ワールドえほん 20号 73年(昭和48年)11月
2700円 Bー ヤケ 表紙、少ヨゴレ

おいしいお弁当を羊飼いからわけてもらったきつね。
恩返しをしていくさまを、カラフルでポップな絵柄で描いています。

ボリスラフ・ストエフは、1927年、ブルガリア生まれ。
「学研おはなしえほん」では「おつきさまになったむすめ」ほか。

ソフトカバー 28ページ サイズ 天地 20.8センチ×左右 25.8センチ



品切れ いろ いろいろ 作・絵 イワン・ガンチェフ 文・間所ひさこ
学研ワールドえほん 21号 73年(昭和48年)12月
2700円 Bー ヤケ 表紙はし、少ヨゴレ

色をテーマにした絵柄・文章も素晴らしいのですが、
訳文がまたとても良いです。声に出して読み上げたくなります。
そして、とっても楽しい気持ちに満たされてゆきます。

ソフトカバー 28ページ サイズ 天地 20.8センチ×左右 25.8センチ



品切れ ぴょんと はねた 作・絵 ルース・ヒュルリマン 文・稗田宰子
学研ワールドえほん 22号 74年(昭和49年)1月
2700円 Bー ヤケ 表紙はし、少ヨゴレ

うさぎのラビ。花がきれいでも、野菜がおいしくても、なんかつまらない。
でも、違ううさぎのラブと出会って、もうつまらなくなんかない。
ところが・・・。

ルース・ヒュルリマンは1939年、スイス生まれ。
ルツェルン美術学校卒。よいこのくに「かえるのくわっきー」ほか。
ハードカバーはこの下のほうにあります(現在は品切れ)。

ソフトカバー 28ページ サイズ 天地 25.5センチ×左右 21センチ



NEW! もしかしたら ぼくのこと? 作・絵 エバ・マリア・シェーン 文・香山美子
学研ワールドえほん 23号 74年(昭和49年)2月
2700円 Bー 表紙・裏表紙少ヨゴレ 裏表紙の表面に小さくはがれ 記名

お湯がわいたので、ティーポットのティティが歌います。
「チューリップの花は真っ赤。チューリップの葉っぱは緑色」
「ねえ、それは だれのこと? もしかしたら、ぼくのこと?」
目を覚ましたチューリップちゃんが聞きます。・・・。

1948年、東ドイツ生まれの作家による初の絵本。
ちょっとイラン絵本を思わせるような、独創的な絵柄・お話。

ソフトカバー 28ページ サイズ 天地 25.5センチ×左右 21センチ



品切れ ちびとらちゃん 作・絵 ヨゼフ・パレチェク
学研ワールドえほん 25号 74年(昭和49年)4月
4000円 B 背、ややイタミ 最終見開きに少貼り付きあと

とらの子なのに、こわがり屋の「ちびとらちゃん」。
「とらは勇気があるはず。こわがってばかりいるのは、とらじゃない」と、大きなとらに言われてしまいます。
勇気を探す旅に出ますが、結局、大好きなお母さんのために大活躍して・・・。

2007年にハードカバーで復刊された「ちびとらちゃん」とは
ずいぶん絵柄が異なるようです。
ぜひ見比べてみたいですね。

ソフトカバー 28ページ サイズ 天地 20.7センチ×左右 25.6センチ



品切れ サラダのできるまで 絵・桜井郁男 文・保富康午
学研ワールドえほん 26号 74年(昭和49年)5月
3500円 B 表紙に鉛筆で書き込みあと 表紙シワ

さまざまな野菜の造形美を1冊の絵本に仕立てています。
グラフィックデザイナー・桜井郁男による
グラフィカルな絵柄・モダンな色づかいが印象的! 斬新!

ソフトカバー 28ページ サイズ 天地 20.7センチ×左右 25.6センチ



品切れ うそつきなやぎ ブルガリアの民話より 絵・ニコライ・ストヤノフ 文・寺村輝夫
学研ワールドえほん 27号 74年(昭和49年)6月
3500円 B 記名 小口天、対抗ページとの貼り付いていた部分を切ったあと

おじいさんが市場で買ったやぎ。
「やぎに草をいっぱい食べさせておいで。おいしい水をいっぱい飲ませてやりな」と言われて
男の子が連れて出かけます。
素敵なところを見つけた男の子が草を食べさせ、水を飲ませてやりますが、
家に帰って、やぎは「食べたのは赤い土、飲んだのはまずい泥水」とおじいさんに言うのです。
女の子が連れていっても、おばあさんが連れていっても
やぎが「食べたのは赤い土、飲んだのはまずい泥水」と言うのは同じ。
ついに、おじいさんが草を食べさせ、水を飲ませに出かけます・・・。

ニコライ・ストヤノフは、1926年、ブルガリア生まれ。
ほかの人には描けないような独創的な絵柄に色づかい。
理屈ではなしに、なんともいえない勢いがある! おもしろいです!

ソフトカバー 28ページ サイズ 天地 20.7センチ×左右 25.6センチ



品切れ みつからない みつからない 絵・大橋歩 文・関根栄一
学研ワールドえほん 28号 74年(昭和49年)7月
3500円 B 記名 角僅かにソリ 3-4ページ角オレすじ

かくれんぼ、小さいころ楽しかったですよね。
わくわくドキドキするような面白さが、ふわーっと甦ってくるような絵本。
1940年6月生まれの大橋歩、33歳の終わりごろ描いた作品です。

ソフトカバー 28ページ サイズ 天地 25.7センチ×左右 21.1センチ



品切れ かんむりをもらったかえる 作・絵 ヤン・クドラチェック 文・稗田宰子
学研ワールドえほん 29号 74年(昭和49年)8月
1万2000円 送料サービス(ゆうメールの場合。国内のみ) B 記名

「ここは静かな池。魚やかえるが楽しく暮らしている水の国。
王様の魚のお城は、池のいちばん深いところにあるんだって」(原文は、すべてひらがな)。
おそろしい「かいぎょ」がやってきて、魚をいじめて暴れ始めます。
かいぎょを退治してほしいと王様が有志を募りますが、誰も立候補しません。
ところが、「かえるどん」が意外な方法で大活躍・・・。

ヤン・クドラチェックが自在に描く、唯一無二の幻想ワールド。
文字が一切ない見開きがど迫力。吸い込まれそうです。

ソフトカバー 28ページ サイズ 天地 21センチ×左右 25.8センチ



品切れ おやゆびひめ アンデルセン原作 絵 ルース・ヒュルリマン 文・中村千栄子
学研ワールドえほん 30号 74年(昭和49年)9月
1000円 C 14-15ページ、26-27ページに貼り付いてはがれたあと 表紙・裏表紙シワ 記名

お子さんの食べものが貼り付いて乾燥し、はがれたあとが2見開きにあります。
泣く泣く処分しようかと思ったのですが、いやでも、この絵本は面白いと救出。
のびのびとダイナミックなタッチで、虫や動物たちが描かれています。
ジャケ買いしやすい値段にしましたので、お気軽にお試しください。
ルース・ヒュルリマンは1939年、スイス生まれ。

ソフトカバー 28ページ サイズ 天地 20.8センチ×左右 25.8センチ



品切れ こんにちは ぼく ゆきだるま 作・絵 ヤン・ムラツ 文・稗田宰子
学研ワールドえほん 35号 75年(昭和50年)4月
2500円 B 記名

雪が降る山のこと、雪だるまのことを小鳥から聞いたハンス。
「ぼく、ゆきだるまと遊びたいなあ」というハンスの声を聞きつけて、
遠い遠い山からゆきだるまがハンスのもとへと遊びにやってきて・・・・・・。
下にあるように、76年4月に同じ「学研ワールドえほん」のハードカバーとしてお目見えしています。 のちに、マリー・ジョゼ・サクレの「リリーちゃんのゆきだるま」とともにフローラル絵本に収録された作品。

ヤン・ムラツは、1935年、チェコスロバキア生まれ。
絵本画家、コマーシャル・アーティストとして活躍(出版当時)。

ソフトカバー 28ページ サイズ 天地 25.5センチ×左右 21センチ



品切れ ことりともりのうた 作・絵 フルビオ・テスタ 文・香山美子
学研ワールドえほん 36号 75年(昭和50年)5月
2500円 B 表紙 下の角に表面はがれ、背の下部少切れ、裏表紙に光をあてるとわかるようなキズ、記名

お城のような大きな家と、小さな小屋のような家がありました。
小さな家にはお百姓がたったひとりで住んでいました。
ドアがひとつ、煙突が一本。でも、お百姓は幸せでした。
小鳥たちが友達でしたから。
大きな家には金持ちの男が住んでいました。
たくさんの部屋、たくさんの窓。
でも、どの窓にも一羽の小鳥も飛んできません。
「小鳥を、みんなつかまえてしまおう」と考えて・・・。
つかまえてカゴに入れられた小鳥たちは見ていた夢も、森の歌も忘れてしまいます。
最後には、思いがけない展開になって・・・。

フルビオ・テスタは1947年、イタリア生まれ。
よくある勧善懲悪のお話ではなく、もっと深みがある内容に感じられます。
うーむ、こんな絵本の展開があったとは。フルビオ・テスタの構成力に圧倒されます。

ソフトカバー 28ページ 天地 20.7センチ×左右 25.6センチ



まちへいったディノ 作・絵 マリー・ジョゼ・サクレ 文・高村喜美子
学研ワールドえほん 38号 75年(昭和50年)5月
1700円 Bー 表紙欄外に少書き込み

大昔、地球に人間なんかいないころ、
小さな恐竜が一匹だけいたんだって。名前はディノ。
とても眠たがり屋で、生まれたときから何万年もずぅっと眠り続けていたディノ。
よく寝たあとは歩くのもなかなか気持ちがいい。
出かけてみると、煙もくもく、ヘンな動物たち(実は自動車)がうなり声をあげて走り回っている。
突然、現代社会にやってきてしまったので、人々から怖がられてしまって・・・。
幸せってなんだろう、というテーマまで言及しています。
76年(昭和51年)4月、学研ワールドえほんハードカバー版で出版され(このページの下のほうにあります)、
のちに「ちびっこビー」とともに「フローラル絵本」に収録された作品。

マリー・ジョゼ・サクレは、1946年、ベルギー生まれ。
リェージュの美術学校に学び、アメリカで子ども向けカードを出版(出版当時)。

ソフトカバー 28ページ サイズ 天地 25.8センチ×左右 20.7センチ *



にじのくに 作・絵 フランソワーズ・デュルート 文・稗田宰子
学研ワールドえほん 41号 75年(昭和50年)8月
2000円 Bー 表紙・裏表紙シワ 裏表紙、少スレ・少ヨゴレ 記名 

フランソワーズ・デュルートは、1945年、フランス生まれ。
パリのコマーシャルスクールでデッサン、イラストを学びました。

ソフトカバー 28ページ サイズ 天地 20.9センチ×左右 25.5センチ *



品切れ きんかのすきな おうさま 作・絵 オルガ・プロセンク 文・寺村輝夫
ワールドえほん 42号 75年(昭和50年)9月
2500円 B 記名

夜が来ると、音を立てて逃げ出す金貨。いっそのこと夜をなくしてしまえば、と考えて欲張りな王様は、太陽をロープで縛って・・・。
オルガ・プロセンクは1947年、チェコ生まれの女流画家。ブラチスラバ美術学校卒。

ソフトカバー 28ページ サイズ 天地 20.9センチ×左右 25.5センチ



へびくんのおはなし 作・絵 マルタ・コチ 文・関根栄一
ワールドえほん 43号 75年(昭和50年)10月
2500円 B 記名 少シミ

ヘビ君は、いつもひとりぼっち。友だちが欲しくて仕方ありません。
だれのところを尋ねても友だちになってくれませんでしたが、ある日・・・。
1947年、チェコ生まれの女流画家マルタ・コチが描く、優しさにあふれたお話。

ソフトカバー 28ページ サイズ 天地 21センチ×左右 26センチ *



品切れ にわのつばめの ふたつのおくりもの 作・絵 ヤン・ムラツ 文・角田光男
ワールドえほん 44号 75年(昭和50年)11月
2200円 B 記名 裏表紙、少シワ 角スレ

森へたきぎ拾いに行った帰り、苦しんでいるつばめを見つけたアスカー。
ケガをしているらしいと気づき、羽根の手当てをしてやります。
やがて冬が過ぎて春が来て、返ってきたツバメは恩返しを・・・。

ヤン・ムラツは1935年、チェコスロバキア生まれ。
絵本画家、およびコマーシャル・アーティストとして活躍。
ハードカバーはこのページの下のほうにあります。

ソフトカバー 28ページ サイズ 天地 25.7センチ×左右 21センチ



NEW! きえたいろ 作・マリア・フランチェスカ・ガリアルディ 絵・ステパン・ザブレル 文・高田敏子
学研ワールドえほん 45号 75年(昭和50年)12月
2900円 Bー 表紙の上部少切れ 表紙・裏表紙ややヨゴレ 記名

1932年、チェコ生まれのステパン・ザブレルは、
プラハ、ローマ、ミュンヘンの美術学校卒。絵本「ふぎしなさかな」ほか。
いやはや、素晴らしい。一息にどこかへ連れていってもらえるような、印象的な絵柄ですよね。「中を見る」をご覧ください。
外側はちょっとイタミありですが、もう本当にイカしてます。
ソフトカバー 28ページ サイズ 天地 25.7センチ×左右 21センチ

中ページを見る



品切れ かぜがくれた たからもの ブリガリアの民話より 絵・ニコライ・ストヤノフ 文・寺村輝夫
ワールドえほん 46号 76年(昭和51年)1月
2200円 B 記名 表紙、少イタミ

パンを焼くための粉を持ってくると、強い風に吹き飛ばされてしまいます。
粉がなくなってしまう・・・。息子は風を追いかけます。
すると、風がいうには「粉はちらばって、なくなったよ。
かわりに、このナプキンを持っていきな」
「ぼくははらぺこ」と言うと、ごちそうを出してくれる、魔法のナプキンなのでした。

ニコライ・ストヤノフは1926年、ブルガリア生まれ。
美術アカデミー卒。グラフィックを学ぶ。絵本「うそつきなやぎ」ほか。

ソフトカバー 28ページ サイズ 天地 21センチ×左右 25.7センチ



品切れ サハリのおくりもの 作・絵 イワンガンチェフ 文・鶴見正夫
ワールドえほん 48号 76年(昭和51年)3月
2500円 B 記名 少シミ

「この絵本でわたしは、日本の子どものために、お互いに助け合い、感謝し、
そして友情をはぐくむことの大切さを描いてみました。
これは遠い昔のお話です。しかし、皆さんの回りにも、きっとある出来事だと思います。
お子さんが優しさを知り、そして思いやりを身につけたとき、
きっとサハリやエラのように、暖かい心でいられるはずだと信じています」
(「先生・おうちの方へ」より イワン・ガンチェフ)
イワン・ガンチェフは1925年、ブルガリア生まれ。その後、西ドイツで活躍。

ソフトカバー 28ページ サイズ 天地 25.5センチ×左右 21.1センチ



NEW! おおきないし 作・絵 イワン・ガンチェフ 文・関根栄一
学研ワールドえほん 63号 77年(昭和52年)6月
2700円 B- 表紙シワ

むかしむかしのそのむかし、何十億年ものおおむかし。
地球の上は岩ばかり。草も木もなく、岩ばかり。大きな岩が山の上、ずぅっとそこにありました。
大地震で大きな石が山から転がり降りて、やがて海へたどりつき、魚を目にして、やがて生き物を見て、恐竜を見て、氷河期、そして・・・。
なんというスケールの大きな内容でしょうか。
お話も絵柄もなんだかもう、圧巻、というしかありません。

ソフトカバー 28ページ サイズ 天地 25.5センチ×左右 21.1センチ



品切れ よるなんかこわくない 作・フランチェスカ・ディレッティ 絵・イシア・マルチェレッティ 文・保富康午
ワールドえほん 64号 77年(昭和52年)7月
2200円 B P14-15、小さく貼りついてはがれたあと

真っ暗い夜の闇が怖くて眠れない あんなちゃん。
可愛い妖精がやってきて、欲しいものを思い浮かべて切ると、
本物が現れるという 素晴らしいハサミをくれました。
子どものころって、本当にいろんな楽しいものを信じてたな、信じる心があれば、と思い出させてくれる絵本。
絵柄がのびのび、とっても楽しいのです。
イシア・マルチェレッティは1941年、ポーランド生まれ。
ワルシャワ建築大学で学び、のちにローマで広告、造形美術に携わりました。

ソフトカバー 28ページ サイズ 天地 25.8センチ×左右 21センチ



NEW! きれいなちょう 作・絵 フルビオ・テスタ 文・高村喜美子
学研ワールドえほん 65号 77年(昭和52年)8月
3200円 B- 少ヨゴレ

蝶を集めることが大好きな男の子がいました。朝から晩まで考えるのは蝶のことばかり。欲しいと思う蝶がいれば、どこまででも追いかけて、夜も眠らないほどでした。世界中の蝶を集めて標本をつくりましたが、一番大事な蝶が抜けていました。ついに、目的だった蝶を見つけますが・・・。
標本にされていた蝶という蝶が飛び立っていく展開に思わず声をあげてしまいます。絵本でしかできないことをやってくれる、さすが! と拍手喝采、そして、文学的な深い味わいにじんわり・・・。

1947年、イタリア生まれのフルビオ・テスタ。建築学を学んでいたそうです。絵本に「さようなら ぼくの こりす」ほか。

ソフトカバー 28ページ サイズ 天地 25.8センチ×左右 21センチ *



品切れ いばりんぼうなぞう 作・絵 ルース・ヒュルリマン 文・山元護久
ワールドえほん 66号 77年(昭和52年)9月
2200円 B

大きくて力が強いのが自慢のぞう。
いつもいばりんぼうでしたが、カメラマンに出会って・・・。
表紙画像からはちょっとわかりにくいかもしれませんが、とってもアーティスティックな絵柄。ぜひじっくり、ご覧いただきたいと思います。

ルース・ヒュルリマンは1939年、スイス生まれ。ルツェルン美術学校卒。
著書に学研ワールドえほんの「ぴょんと はねた」ほか。

ソフトカバー 28ページ サイズ 天地 25.8センチ×左右 21センチ



品切れ イワンとがらくたべやのともだち 作・ジョン・ブランク 絵・マルタ・コチ 文・関根栄一
学研ワールドえほん 75年(昭和50年)10月・昭和51年の4刷
3000円 Bー 表紙下側・角スレ 記名 本文めくりジワ

イワンのお気に入りは、屋根裏部屋。
古い長いすやがらくたばかり置いてあるがらくた部屋。
長いすの”ボヨン”も、ねずみの”チュータン”も友達だ。
ところが、ある日いつものように帰ってきてみたら、うちの前にトラックが。
「ガラクタをゴミ集めの車に持っていってもらうのよ」と、おかあさん。
長いすの”ボヨン”とねずみの”チュータン”はどこへ行ったの?

ハードカバー 28ページ サイズ 天地 21.5センチ×左右 21.1センチ



品切れ きしゃとだれかさん 作・絵 ルイス・デ・ホルナ 文・稗田宰子
学研ワールドえほん 76年(昭和51年)4月・初版
3500円 B ビニールカバー

ぴーっという音で、だれかさんとねこは目を覚ました。
こんな朝早く、なんだろう・・・・・
と見たら、汽車がとまっていた。

ねこと少年が不思議な汽車にのって繰り広げる不思議な旅。
お話も絵柄もすごい。心解き放たれます。
ルイス・デ・ホルナは、スペイン サラマンカの美術学校教授(当時)。
スペインの絵本、かなり面白そうですよね。

ハードカバー 28ページ サイズ 天地 26.7センチ×左右 21.7センチ

中ページを見る



品切れ ちびっこ ピー 作・絵 マルタ・コチ
学研ワールドえほん 76年(昭和51年)4月・初版
2700円 B ビニールカバー(後ろ見開きにかかる部分、ビニカバオレ)

野いちごの中に住む虫「ピー」。
自分が小さいことに我慢できず、どうしたら大きくなれるのかなと悩んで・・・・・・。
魚のおなかにのまれて「ぼくは、もう出られない」と泣き続けますが、
ついには、小さくてよかったんだと気づくというお話。

マルタ・コチは1945年、チェコスロバキア生まれ。オーストリア在住(当時)の女性。
いかにもチェコ絵本という感じ、色をにじませる画法がとてもきれい。
のちにコチの「まちへいったディノ」とともに「フローラル絵本」に収録された作品。

ハードカバー 28ページ サイズ 天地 26.7センチ×左右 21.7センチ

中ページを見る



品切れ  みどりの どりちゃん 作・絵 マルタ・コチ 文・中村千栄子
学研ワールドえほん 76年(昭和51年)4月・初版
3500円 B ビニールカバー

「そんなに そんなに、
むかしじゃ ないけれど
みどりのき。
とおくの おかに
おきな き」

大きな木に水をやる係をつとめる「みどりの どりちゃん」。
だれかと遊びたくなって、ちょっとだけ人里へ。
みんなと遊んでもらって楽しかったけれども、
おおきな木は水が不足してしまって・・・。
心なごむかわいらしい絵柄と、絶妙な訳文。

ハードカバー 28ページ サイズ 天地 26.7センチ×左右 21.7センチ



品切れ ふしぎなさかな 作・マフラ・ガリアルディ 絵・ステパン・ザブレル
学研ワールドえほん 76年(昭和51年)4月・初版
2700円 B ビニールカバー(後ろ見開きにかかる部分、ビニカバオレ)

博物館の絵のなかから飛び出した、ふしぎなさかな。
金魚たちと一緒に博物館から管をつたって外に出て、
広い広い海へ繰り出します。そして・・・・・。
のちにコチの「なかよしもこもぐ」とともに「フローラル絵本」に収録された作品。

ステパン・ザブレルは、1932年、チェコスロバキア生まれ。
プラハ、ローマ、ミュンヘンに学びました。
日本でも何冊か絵本が出版されています。「きえたいろ」(学研ピクチャーブック。
もともとは学研ワールドえほんとして出ていたものの復刊)「しずかなきせき」(シュテパン・ザブジェル)ほか。

ハードカバー 28ページ サイズ 天地 26.7センチ×左右 21.7センチ

中ページを見る



こんにちは ぼく ゆきだるま 作・絵 ヤン・ムラツ 文・稗田宰子
学研ワールドえほん 76年(昭和51年)4月・初版
2500円 B ビニールカバー

上にあるとおり、75年(昭和50年)にソフトカバーで出版された本のハードカバー。
雪が降る山のこと、雪だるまのことを小鳥から聞いたハンス。
「ぼく、ゆきだるまと遊びたいなあ」というハンスの声を聞きつけて、
遠い遠い山からゆきだるまがハンスのもとへと遊びにやってきて・・・・・・。
のちに、マリー・ジョゼ・サクレの「リリーちゃんのゆきだるま」とともにフローラル絵本に収録された作品。

ハードカバー 28ページ サイズ 天地 26.7センチ×左右 21.7センチ



ふたつのおくりもの 作・絵 ヤン・ムラツ 文・角田光男
学研ワールドえほん 76年(昭和51年)4月・初版
2900円 B ビニールカバー

働きもののアスカー。薪拾いの帰り、ケガをしているツバメを介護してやります。
秋がきて、仲間と一緒に南の国へ飛ぶことができたツバメ。
冬が過ぎて春になて、ツバメたちがまた元気に戻ってきます。
アスカーが助けたツバメが落とした苗を植えたところ、大きな大きな実がなって、
中から金貨がどっさりと。

ハードカバー 28ページ サイズ 天地 26.7センチ×左右 21.7センチ

中ページを見る



品切れ ブレーメンのおんがくたい グリム童話より 絵・フリシダ・デ・ホルナ 文・寺村輝夫
学研ワールドえほん 76年(昭和51年)4月・初版
3300円 B ビニールカバー

年をとり荷物を運ぶことができなくなったロバ、年をとって猟をできなくなった犬、
年をとってねずみをつかまえられなくなったネコ、明日スープにされそうになっていたニワトリ。
今にも殺されそうになっていた4匹はブレーメンの街へ行き、音楽隊に入って暮らそうとします。
そして・・・・・。

フェリシダ・デ・ホルナはスペイン在住。
スペイン出版協会から栄養あるラザリロ賞を受賞した作品です。
この人の力量、ぜひ「中を見る」をご覧ください。

ハードカバー 28ページ サイズ 天地 26.7センチ×左右 21.7センチ

中ページを見る



まちへいったディノ 作・絵・マリー・ジョゼ・サクレ 文・高村喜美子
学研ワールドえほん 76年(昭和51年)4月・初版
2700円 B ビニールカバー

大昔、地球に人間なんかいないころ、
小さな恐竜が一匹だけいたんだって。名前はディノ。
とても眠たがり屋で、生まれたときから何万年もずぅっと眠り続けていたディノ。
よく寝たあとは歩くのもなかなか気持ちがいい。
出かけてみると、煙もくもく、ヘンな動物たち(実は自動車)がうなり声をあげて走り回っている。
突然、現代社会にやってきてしまったので、人々から怖がられてしまって・・・。
幸せってなんだろう、というテーマまで言及しています。
のちに「ちびっこビー」とともに「フローラル絵本」に収録された作品。

マリー・ジョゼ・サクレは、1946年、ベルギー生まれ。
リェージュの美術学校に学び、アメリカで子ども向けカードを出版(出版当時)。

ハードカバー 28ページ サイズ 天地 26.7センチ×左右 21.7センチ



品切れ ぴょんとはねた 作・絵 ルース・ヒュルリマン 文・稗田宰子
学研ワールドえほん 76年(昭和51年)4月・初版
2500円 Bー ビニールカバー 本文に湿気を帯びた波打ち 奥付ページにシミ

野原は花でいっぱい。
花はいいにおいだけれど、でも、なんだかつまらないのは、
うさぎのラビくん。
白うさぎのラブちゃんと出会って、ラビくんは変わってゆきます。

ルース・ヒュルリマンは1939年、スイス生まれ。
ルツェルン美術学校卒。

ハードカバー 28ページ サイズ 天地 26.7センチ×左右 21.7センチ

中ページを見る



品切れ きのいちねん 絵・松永禎郎 文・高田敏子
学研ワールドえほん 76年(昭和51年)4月・初版
B ビニールカバー

「ワールドえほん」の名にふさわしく、翻訳ものばかりでなく、ちゃんと日本の絵本も。
しかも、このようなすぐれた絵本なのです。文章も絵も素晴らしい。

松永禎郎は1931年、東京生まれ。グラフィックデザイナー。
高田敏子は東京生まれの詩人。高田喜佐のご母堂。母子ともにすでにこの世にいらっしゃらないのがさびしい。
高田敏子・喜佐関連は「月曜倶楽部」32号(2008年6月)に掲載しました。
http://www.umi-neko.com/umi-neko/getsuyouclub0806/getsuyouclub0806.htm
「学研ワールドえほん」の1冊である記録として、ここに残しました。

ハードカバー 28ページ サイズ 天地 26.7センチ×左右 21.7センチ



ななつのほし アンナ・ツスソウバ絵 高村喜美子・訳
学研ワールドえほん 87号 79年(昭和54年)6月号
3000円 B 少々ヤケ・少々ヨゴレ 概ね良好

アンナ・ツスソウバが1937年、ブルガリア生まれ。
「このお話はロシアをはじめ、ヨーロッパに広く伝わる昔話です。
北斗七星のいわれ話であると同時に、人間の愛や、やさしさについて考えさせてくれるお話です。
子どもたちはもちろん、世界中の人たちがこのお話の主人公のようだったらと願うのは、私だけでしょうか」(アンナ・ツスソウバ)

ソフトカバー 32ページ サイズ 天地 25.8センチ×左右 21センチ

97号 80年4月号から