古本 海ねこ トップページへ戻る


Merry X'mas! クリスマスの絵本

クリスマス絵本 2013年 追加分2011年 追加分・2010年 追加分・2009年 追加分2008年 追加分
2007年 追加分2006年 追加分2005年 追加分クリスマスのねこ絵本
クリスマスの洋書絵本クリスマスの翻訳絵本&日本の絵本





■クリスマスの絵本 2010年 追加分■


cover洋書絵本 リトルゴールデンブック
RUDOLPH the Red-Nosed Reindeer(真っ赤なお鼻のトナカイールドルフのお話)
Adapted from the story by Robert L.May
Pictures by Richard Scarry(リチャード・スキャリー)

A GOLDEN BOOK Western Publishing Company,Inc.(C)1976 15刷 80年代のものと思われます。
1200円 B 表紙に少し落書きあと 記名

「真っ赤なお鼻のトナカイさん」の歌(1949年 St.Nicholas Music,Inc.,) でおなじみ。
歌の世界をリトルゴールデンブックで展開すると、こんなファンタジクな世界に。
リチャード・スキャリー描くサンタさんたち、そして、トナカイがなんとも愛らしいです。

28ページ 天地 20センチ


中ページを見る


cover洋書絵本 リトルゴールデンブック
The Chiristmas Tree That Grew(クリスマスツリーが大きくなって)
Phyllis Krasilovsky Illustrated by Kathy Wilburn

A GOLDEN BOOK Western Publishing Company,Inc(C)1989 初版 89年のものと思われます
1200円

マーガレットとピーターは、アダム一家の子どもたち。
小さなアパートの部屋で、両親と一緒に暮らしています。
アパートにはフロアごとに違う所帯が入っていて、近所づきあいは気薄でした。
アダム一家は1階で暮らしていました。
アダム一家のツリーがなんと天井を突き破って2階に、
さらには3階へと到達していく勢いで・・・。
2階でひとり暮らしのマンニングおばさん、
3階のマーティン一家は一体どうしたでしょう・・・。
アメリカの良い面を感じさせてくれる、ほのぼのした絵本。ねこも登場します。

28ページ 天地 20センチ


中ページを見る


cover洋書絵本 リトルゴールデンブック
The Littlest Christmas Elf(小さなクリスマスの精)
Nancy Buss Illustrated by Terri Super

A GOLDEN BOOK Western Publishing Company,Inc(C)1987 2刷 80年代のものと思われます
1200円

クリスマス・イブに子どもたちにおもちゃを届けるから
手伝ってほしい。
そう頼まれたアリスターは張り切って・・・。

28ページ 天地 20センチ



cover洋書絵本 リトルゴールデンブック
Santa's TOY SHOP(サンタさんのおもちゃ屋)
Illustratations by THE WALT DISNEY STUDIO(ウォルト・ディズニー・スタジオ)Adapted by Al Dempster

SIMON AND SCHUSTER NY(C)1950 初版
3300円 Bー シミ

サンタクロースのおじいさんが、奥さん、小人たちと一緒に、
いろいろなおもちゃを作るお話。

夜空をかけめぐるソリ、引いていくトカナイたち。
この時代ならではの印刷がとても美しい。
色あいが深く、微妙な色彩にうっとりさせられます。
年数とともについたヨゴレ・イタミは多少ありますが、
古いもの好きには、この本の風合いはなんともたまりません・・・。

かつて、日本語版「ディスニーのまんがえほん サンタ・クローズの
おもちゃや」(大日本雄弁会講談社 昭和26年)も出ていました。日本語版も在庫あります。

日本語版 下のほうにスクロールしていただくとご覧になれます。
装丁はほとんど同じですよね。

30ページ 天地 20センチ


中ページを見る


cover洋書絵本 リトルゴールデンブック
Walt Disney's Santa's TOY SHOP(ウォルト・ディズニーのサンタさんのおもちゃ屋)
Illustratations by THE WALT DISNEY STUDIO(ウォルト・ディズニー・スタジオ)Adapted by Al Dempster

GOLDEN PRESS NY(C)1969年の5刷 
2500円 B 表紙の右はし、OPP加工めくれ

上と同じ絵本の後版です。後版といっても69年のもの。
装丁が変更して、モダンな雰囲気に。
69年版の印刷も悪くないです。保存状態も良好、
ただし、表紙はしのOPP加工部分に少々めくれがあります。

30ページ 天地 20センチ



cover絵本 きりすとさまのおたんじょう くりすます
やのしげこ わきたあきこ

女子パウロ会 76年・初版 900円 B+

真っ赤な表紙と、わきたあきこさんの絵柄がとても優しい感じ。
寒い夜、心にぬくもりを与えてくれそうなタッチです。オールカラ−。

ソフトカバー(表紙・裏表紙は上質の厚紙)28ページ サイズ 天地 24.8センチ×左右 22センチ


中ページを見る


cover再入荷 絵本 クリスマスのおくりもの
コルネリス・ウィルクスハウス リタ・ヴァン・ビルゼン絵 高村喜美子・訳

講談社 78年 同年の3刷 650円 B+ カバー クリスマスカード(ポストカード)つき

ある晩、見たこともない大きな星が美しく輝きます。
その星は、神様の子が生まれたしるし。
その人こそ人々が仲良くしあうために来てくださる、本当の王様なのだそう。
自分も新しい王様に会いにいこうとするイレーヌ王子。
自分の大事にしているものを3つ、王様に贈ろうと考えます。
大事にしている3つめは、父親からの誕生日プレゼント、世界一りこうでかわいい子犬「プルートン」。
こんな大事な友だちをあげちゃうなんて僕、できるのかなあ・・・。
真心こそ、いちばんすばらしい贈り物だということを教えてくれます。
78年度ボローニア国際児童図書展でエルバ賞推薦、
78年度 第13回 世界絵本作家原画展(至光社・丸善 共催)でみみずく賞を受賞した絵本です。

リタ・ヴァン・ビルゼンは、ベルギー生まれ。
首都ブリュッセルの美術学校で絵画を学びました。日本語版は「いしょうをぬいだおうさま」ほか。

ハードカバー サイズ 天地 29センチ×左右 20.2センチ



coverA STAR SHONE Robbie Trent 絵・Magaret Ayer
フィラデルフィア The Westminster Press 3000円 B 背表紙の下部、一部切れて欠

イエス・キリスト生誕と成長のお話。イラストがきれいです。
見開きごとに4色印刷×1色印刷が交互になっています。
後ろ見返しに”Greeting for Christmas"アメリカのー教会から日本の少年少女へ、
という、きれいなラベルが貼り付けてあります。
年代不明。下の「はこぶね文庫」と同じ所有者から出たもの、と思われます。

48ページ 天地 20センチ×左右 19.9センチ


中ページを見る


coverくりすますの本 はこぶね文庫・4
聖書研究会 昭和26年12月 3000円 B 当時の定価40円

すべて赤と青、2色で印刷されています。
イエスさまのおたんじょう
クリスマス・カロル
サンタ・クロースのはじめ
青い鳥

24ページ 天地 15.2センチ×左右 17.7センチ



cover品切れ  トルストイ こどものためのおはなし はこぶね文庫・2
聖書研究会 昭和26年9月 2500円 B 当時の定価40円

厳密にいうと「クリスマス」の本ではないのですが、
上の本と同じ聖書研究会から出版された「はこぶね文庫」。
中ページはすべて赤(エンジ、ワインレッドに近い赤)と緑色の2色で印刷されています。
表紙・吉村二三生 文・井田俊司、今井純子 絵・吉村二三生、大島芳子
トルストイについて
きょうけん(狂犬)/アミの中のとり
子どものためのはなし/おおくまぼし

22ページ サイズ 天地 15.2センチ×左右 18センチ



coverノアのはこぶね 旧約聖書物語・1 はこぶね文庫・3
聖書研究会 昭和26年 2500円 B 当時の定価40円

これも厳密にいうと「クリスマス」の本ではないのですが、
上の本と同じ聖書研究会から出版された「はこぶね文庫」。
見返しは赤と青の2色、そのほか中ページはすべて赤(エンジ、ワインレッドに近い赤)と緑色の2色で印刷されています。
表紙・上田次郎
文・井田俊司、岩田光弘 絵・吉村二三生、上田次郎
エデンのその カインとアベル
ノアのはこぶね バベルのとう

22ページ サイズ 天地 16センチ×左右 17.6センチ



cover再入荷 絵本 クリスマスのえほん きよしこのよる 太田博也・文 岩崎鐸・画
福音館書店 1956年11月1日 3500円 Bー ヤケ 表紙天側少劣化 当時の定価40円(〒8円)

「この本の第一の特色は、絵をごらんになって、
”オヤ、どこかでみた絵だ”と思われる画面に気づかれることでしょう。
それは、中世及びルネッサンス期の作品を深く研究された新制作協会会員の岩崎鐸先生が、
これらの名作の特色を生かしながら、より絵本風に楽しく各場面を描きあげてくださったからです。
こうした非常にたいせつな試みは外国ではしばしば成功してスバラシイ絵本を生み出していますが、
わが国ではあまりおこなわれませんでした」(「おねがい」より)

「こどものとも」のような、薄手の絵本。
見開きごとにみごとな絵が展開します。
16ページ サイズ 天地 26.2センチ×左右 18.4センチ



cover再入荷 絵本 もうひとりのはかせ アルタバンのたび 上沢謙二・文 村上松次郎・画
福音館書店 3500円 B 本文シミ 当時40円(〒8円)

「原作者ヘンリ・ヴァンダイクはアメリカの牧師で、また文学者としても知られ、
約40年前わが国へも来朝、東大で講演したこともあります。
クリスマスにちなんだ、この深い信仰の物語を、
幼い人々のために、絵本としておおくりできることは、意味ふかく、よろこばしいことです」(裏表紙 より)

福音館書店の住所が「東京都千代田区神田三崎町」と記されています。
ちなみに、同社が金沢からこの住所に移転したのは1952年で、「母の友」の創刊が翌53年。
おそらく上の本とほぼ同時代、1950年代のものだと思います。
古書市場では、たいてい「こどものとも」初期のものと一緒に見つかります。
「こどものとも」でないにしても、おそらく非常に関連性の高いものではないかと、海ねこは推察しています。
クラシカルな絵柄。「こどものとも」のようなホッチキスどめの形態。

16ページ サイズ 天地 24.4センチ×左右 17.4センチ



cover絵本 マドレーヌのクリスマス ルドウィッヒ・ベーメルマンス作・絵 俵万智・訳
佑学社 89年 1800円 B+ もともと裸本でカバーなし 少めくりジワ 少シミ

空飛ぶじゅうたんで皆で空を飛ぶシーンがとってもステキ。
「マドレーヌのクリスマス」は現在、BL出版から江國香織・訳で出版されていますが、
これは、その前に他社から出ていた俵万智・訳です。
両者を読み比べてみるのもよいかもしれませんね。
大型本のため、画像ははしが切れています。

30ページ サイズ 天地 30.8センチ×左右 21.8センチ



cover品切れ 絵本 クリスマスのうさぎさん ウィルとニコラス 作・絵 渡辺茂男・訳
福音館書店 85年 3000円 B+ もともと裸本でカバーなし

もうひとつ寝ると、クリスマス。
デービー少年は、明日になるのが待ち遠しくてそわそわ。
動物たちが水を飲みにくる小川に出かけていきます。
動物たちへの贈り物もちゃんと持っていきましたよ。
そして、夢のような出来事が・・・。

オリジナルは1953年。
文・William Lipkind(1904〜74年)と絵・Nicholas Mordvinoff(1911〜73年)のコンビによる、素晴らしい絵本です。
ふたりは1951年、”The Two Reds”(邦題「ふたりのあか毛」)でコールデコット賞、
翌年1952年、”Finders Keepers”(邦題「ナップとウィンクル」、のちに「みつけたものとさわったもの」に改題)で再びコールデコット賞を受賞。
まさに油がのっている時期の秀作ですね。
お話も絵柄も素晴らしく、何度手にしても飽きません。
この人たちの本はいずれも好きです。

48ページ サイズ 天地 28センチ×左右 22センチ



cover再入荷 絵本 クリスマスだいすき ピーター・スピア
講談社 昭和59年の初版 2200円 B カバーなし 裏表紙と背の境目イタミ

2009年に入荷した分もまだ在庫があります(3000円)。
「もうすぐクリスマスがやってきます。
まちでは、もうクリスマスのかざりつけがはじまっています」
文字がない絵本です。絵柄のみで多くを伝えるピーター・スピアの妙技。
細かい絵がたくさんたくさん描き込まれ、よく見ると、
犬もねこもクリスマス柄のリボンをつけてもらっていたり、プレゼントの空き箱にちゃっかりねこが入っていたり。
食事のあとの台所流しに洗い物の山、クリスマス後にゴミがたくさん出る光景まで含めて描かれていたり。
見れば見るほど発見があります。

今回入荷分はカバーがついていたのですが、イタミが強かったため、はずしました。
表紙にカバーの一部がはりついていたあとが薄く残っています。
また、見返しはじはりつきあとが少々、後ろ見返しに少々シミがあります。
プレゼント用でなく、ご自身でお読みになる分には問題ないと思いますが、お求めやすい値段で。
大型本のため、はしが切れています。

ハードカバー サイズ 天地 26.5センチ×左右 26センチ



cover絵本 クリスマス物語集 中村妙子・編訳 口絵・挿絵 東逸子 挿絵・牧野鈴子
偕成社 79年の初版 1200円 B+ カバー上部少ヨレ

世界各地の家庭で読みつがれてきたクリスマスのお話から14篇を選んでいます。
クリスマス本は数多くあれど、心温まる深みのある物語ばかりを選んであるのは特筆すべき点。

装丁・沢田重隆。
版元品切れ。しかも、新しめの版と装丁が異なります。こちらのほうがお好きという方もいらっしゃると思います。
カバーをはずして現れる本体は、真っ赤なクロス装(布貼り)。
ただ、背文字だけ金箔押し。潔いほどにシンプルで美しい。見返しもシックで大人が持つのに十分たえる造本。

ハードカバー サイズ 天地 26.5センチ×左右 26センチ



cover絵本 カロリーヌのクリスマスーカロリーヌとゆかいな8ぴき ピエール・プロブスト 山下明生・訳
BL出版 99年の初版 950円 B+ カバー上部少ヨレ

2007年に93歳でお亡くなりになったピエール・プロブスト。
カロリーヌのシリーズは53年からずっと描き続けてきて、本書のオリジナルは92年に出版。
何度も何度も絵を描き直して、どんどんタッチが変化していくことはよく知られています。

クリスマス・イブの朝、カロリーヌとゆかいな8ひきは貯金箱を壊して、大きなモミの木を買うことにします。
みんなを代表して、こげちゃ犬のユピーとくまのブムが代表で街に出かけますが、ふたりが買ってきたモミの木は…。
BR> ああ、しかし、ピエール・プロブストの新作とはもう出会えないのですね。
でも、本の中では、しろねこプフ、くろねこノワロー、しろくろ犬ボビー・・・、みんな、ずっとずっと元気です。

大型本のため、はしが切れています。

ハードカバー サイズ 天地 29センチ×左右 23センチ



cover品切れ  絵本 とびきりすてきなクリスマス リー・キングマン バーバラ・クーニー絵 山内玲子・訳
岩波書店 91年の2刷 800円 B 函

セッパラ家の子どもたちはなんと11人!
子どもたちは今年こそとびきり楽しいクリスマスを祝おうと準備を始めましたが、そこに思いがけない知らせが・・・。
つつましい暮らしながら、喜びも悲しみも、みんなで分け合って暮らす家族・・・。

オリジナルは1949年出版。
やはりバーバラ・クーニー絵の「ピーターのとおいみち」のリー・キングマン作品。
アメリカ東海岸・マサチューセッツ州の小さな村の物語ですが、キングマン自身もマサチューセッツ州生まれ。
ご主人はフィンランドからの移民で、子どもが10人の大家族。その一家をモデルに書かれたお話といわれています。

本体は真っ赤な表紙に金色の小さい題字に、シルバーのツリー柄。
装丁がステキで、函から出す瞬間、うわっと小さな声が上がってしまいます。
本体表紙・裏表紙の角に小さなツブレがありますが、まだまだお楽しみいただけます。
たまには、ご自身に気軽なプレゼントというのはいかがでしょう?

ハードカバー 96ページ 天地 22センチ



coverビジュアル洋書 Chirstmas Recipes(クリスマス・レシピ)文・画 George L.Thomson
エジンバラ Canongate 80年 2400円 B 背ヤケ 表紙はじ紐かけあと少凹み

肉料理、スープ、サラダ、デザート、ケーキ・・・さまざまなクリスマス向き料理やお菓子のレシピ本です。
英国らしく、七面鳥のお料理、クリスマス・プディングの作り方などのほか、
シナモン・グース(シナモン風味のガチョウ)、ブランデー・バター、ウイスキー・パンチなど、
一体どんな味なの? と思うようなものもあります。
料理を作らなくても、文字とイラストが大変愛らしいので、眺めるだけでも楽しいです。
お店のディスプレイ、お部屋のインテリアなどにも最適かと。
ややクリーム色がかかって、ざらざらっとした、温かみのある紙がいい感じ。

ハードカバー 90ページ 天地 30.2センチ×左右 21.8センチ

裏表紙を見る

中ページを見る



★新刊★

毎年クリスマスに好評をいただいておりますので、以下2点、再びご紹介します。
cover絵はがきのほん クッキー
ヨシュア・レアンダー・ガンプ

小さな絵本美術館 2004年
800円

ヨシュア・レアンダー・ガンプ(1889年〜1969年)はドイツの木版画家、絵本作家。
ドイツ・カールスルーエ・アカデミー教授・学長。
初めての子どもが描いた汽車の絵本が絵巻絵本として出版され、
2番めの子どもが小学校に入学するとき描いた大きなカラー木版画
「ABC」がリンダウ一枚絵として出版されました。
また、息子が入院しているときには慰めようと毎晩、仕掛けカードを作り、
クリスマス間近、3番めの子どもの出産を控えた妻にアドベント絵本を贈りました(下の本)。

この絵はがきには、多くの子どもたちを喜ばせるため、物のない時代から描き続けたお菓子が描かれています。
きれいにデコレートしたクッキーの絵など、なんともあたたかく優しい絵が14点。
眺めるもよし、ポストカードとして贈ったり飾ったりもよし、クリスマスカードにもよし、です。

サイズ 天地 14.8センチ×左右 10.5センチ



cover絵本 Aとアドベントの光ーアンナ・エリカのためにー
ヨシュア・レアンダー・ガンプ

小さな絵本美術館 2004年
1500円

1925年のクリスマス、ヨシュア・レアンダー・ガンプが妻アンナ・エリカに捧げたアドベント絵本。
ガンプが、妻と、間近に控えた三番目の子どもの誕生にあたっての気持ちをこめて、
そして、間もなくやってくるクリスマスのお祝い、キリストの誕生への思いをこめて
高さ30センチ、横25センチの絵本を1冊限定で作ったのでした。

原本では「A」が唯一の文章。あとは言葉のないアドベントの絵本です。
アドベント(待降節)とはキリスト教のクリスマスを待ち望む時期のこと。
18枚の水彩画のうち、12点以上にアルファベットの大文字「A」が描かれています。
ときにははっきりと、ときには隠し絵のように。
「A」とはアドベントの頭文字であり、妻アンナのAでもありました。

もともと文字がない絵本だったのですが、小さな絵本美術館が出版するにあたり、
ガンプの三番目の娘・マーレーヌ・ラインハルト・ガンプに依頼。
彼女こそ、1925年12月31日、絵本の誕生とともに生まれたその人です。
ガンプのイラストの雰囲気に寄り添うようような、ドイツのクリスマスの詩が添えられています。
2003年、初めてガンプ遺族からこのアドベント絵本の出版が許可されたそうです。

当時の暮らし、クリスマス時期のドイツの美しい光景、子どもを待ち望む希望に満ちたイラストが連なっています。
けっして押し付けがましくない。見る人の想像力にゆだねるような、優しい1冊です。
一味違うクリスマス絵本をお探しの方にお薦めしたいと思います。

ハードカバー 天地 23.2センチ×左右 19.2センチ


中ページを見る



クリスマス絵本 2013年 追加分2011年 追加分・2010年 追加分・2009年 追加分2008年 追加分
2007年 追加分2006年 追加分2005年 追加分クリスマスのねこ絵本
クリスマスの洋書絵本クリスマスの翻訳絵本&日本の絵本






古本 海ねこ トップページへ戻る